電動麻酔器も完備、痛みが少ない治療を心がけています

痛みが少ない治療を提供し、患者さんの歯医者に対するトラウマや先入観を取り除きます。不安なことがあれば、まずはご相談ください。

痛みが少ない治療

歯の治療では、痛みを抑えるために麻酔薬を使います。しかし「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、できるだけ痛みの少ない治療を心がけ、麻酔注射のときにも患者さんが痛みを感じないよう、以下の取り組みをしています。

●針を刺す痛みを和らげる表面麻酔
●注射の圧力を制御する電動注射器
●痛みを感じにくい細い針

麻酔を注射するときにはチクッとした痛みを感じますが、その痛みを軽減するために使用するのが表面麻酔です。当院では表面麻酔後、電動注射器にて麻酔薬を注入します。また、一般的な注射針の太さは30ゲージですが、当院ではより痛みを感じにくい33ゲージの針を使用します。さらに麻酔液を温めることで、麻酔をする際の不快感を軽減します

表面麻酔
表面麻酔とは、歯ぐきに麻酔薬を塗ることで麻酔効果をもたらす方法です。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。

電動注射器電動麻酔器
麻酔注入時の痛みの原因は、実はその圧力にあります。電動注射器を使えば、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができるので、麻酔の嫌な痛みや不快感を抑えることができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください