むし歯治療

風邪などの体調不良とは違い、一度進行してしまったむし歯は自然には治りません。また、むし歯は早く治療することで、治療期間も短くすることができます。

むし歯治療

「冷たいものが歯にしみる」「歯の色が少し変わった」といった自覚症状があるにも関わらず、痛みがないからと放置していませんか?その後「あのとき歯医者に行っていれば良かった」と後悔した人も多いのではないでしょうか。症状が出始めたらむし歯の初期段階です。痛みがなくても放置せず、早めに歯科医院に行くことをお勧めします。

むし歯の進行とその治療方法について

むし歯の状態にはCOからC4まであります。それぞれ治療方法が違います。まずは早めに検査を受けましょう。

Co(Caries Observationシーオー:初期むし歯)Co
歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態です。しかし、まだむし歯特有の黒ずみや穴があいている状態ではありません。この状態であれば、削らない治療が可能です。フッ素入りの歯みがき剤を使ってしっかり歯みがきを行えば、再石灰化させることができます。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい、小さな穴ができた状態です。しかし、象牙質まで達していないので痛みはありません。この段階だとむし歯の部分を最小限だけ削り、詰め物をすることで治療は終わります。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質が溶けきり、下層の象牙質までむし歯が進んでいます。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりです。深部にまで広がっている場合は患部を削り、型取りをして製作した詰め物を装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
むし歯が神経まで達しています。激しい痛みを感じるでしょう。神経が死んでしまうと、細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり歯ぐきが大きく腫れたりします。この段階になると、根管治療が必要となります。麻酔をして傷ついて死んでしまった神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3と同じように根管治療を行ってから、被せ物をします。場合によっては、抜歯しなければならないこともあるでしょう。

根管治療

根管治療初期のむし歯なら、歯を削って詰め物を入れれば症状が改善されます。むし歯が神経にまで達してしまった場合、そのまま放置しておくと将来的に抜歯をするリスクが高まります。そういった症状の際に、抜歯することなく歯を残す治療が根管治療です

具体的な治療方法
根管と呼ばれる歯の神経が入っていた部分を、専用の器具を使ってていねいに洗浄します。その後、薬を詰めてから被せ物を装着します。この際、むし歯菌を完全に取りきらないと再発の恐れがあるため、根管治療には綿密な歯科技術が必要とされます。

根管治療の流れ

根管治療の流れ【STEP1】専用の器具を使って、歯の表面のむし歯部分を除去する
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴をあける
次へ
【STEP3】歯の根の感染した部分を除去し、必要があれば神経を取る処理をする
次へ
【STEP4】根管の先まで薬を詰めて、ばい菌が入らないように根管を封鎖する
次へ
【STEP5】詰め物・被せ物を取り付ける

歯周病治療

歯周病治療歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだんなくなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。たとえば、家も土台が悪いとグラグラして、いつか倒れてしまいます。このメカニズムは歯周病も同じことが言えます。

歯垢が石灰化して歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失ってしまうのです。

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病歯周病の進行具合
歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まり、細菌の繁殖によって歯肉に炎症が起こった状態です。歯肉の腫れや出血などを伴いますが、軽度歯周病であれば、ブラッシング指導や歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病歯周病の進行具合
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしている状態です。少しずつ骨が後退し始め、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。この段階では、歯の表面に沿って歯肉溝の奥まで付着した歯石を取っていきます。

重度歯周病歯周病の進行具合
歯肉が化膿して、真っ赤に腫れた状態です。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば、歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

歯周外科

歯周病治療の基本は、歯石や歯垢の除去です。しかし、重度になると外科的治療が必要となってきます。当院では歯周外科にも対応しています。

●フラップ法(Fop)
歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください