虫歯にならないために気をつけること

歯にならない為には、自宅でのプラークコントロールである歯ブラシによる
歯磨きが一番重要な項目となってきますが、
自宅での歯ブラシを使った歯磨きによるプラークコントロールであるホームケアの他に、
歯のプロフェッショナルである歯医者さんでのスケーリングなどの
歯垢除去等のプロケアも合わせて行う事で、より虫歯を防ぐ事が出来ます。

プラークコントロールは虫歯にならない為には最重要項目となる事柄ですが、
歯ブラシを使った歯磨きだけではなく、
デンタルフロスなどの歯と歯のすき間をお掃除するアイテムや、
フッ素が配合された歯磨き粉を使うなど、
歯ブラシ以外のアイテムも積極的にプラークコントロールで使用していく事が、
虫歯にならない為に重要なポイントとなります。

虫歯は炭水化物であるご飯やパン、麺類や糖類である砂糖が使われた
甘いお菓子や清涼飲料水に含まれる等分をエネルギー源とする虫歯菌のミュータンス菌によって作られ、
乳酸菌であり虫歯の原因菌ともなるラクトバチルス菌によって
虫歯の穴が深く大きくなってしまうというメカニズムがありますので、
虫歯は出来る限り虫歯にならない為の食生活を心がける事も

虫歯予防にとって重要な事柄となります。

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるのか?

食事をすることで、歯にはプラークが付着します。
付着したプラークは、約2日で硬くなり歯石となります。
そうなると、歯石にどんどんプラークが付着して、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

しかし、フッ素を用いることで、プラークの原因となる酸の生成を抑えたり、
溶けだした歯のカルシウムの再石灰化の促進や、歯を酸に強い歯質へと改善することができます。
フッ素塗布を歯医者で受ける場合は、年に2回~4回程度行うことで、
虫歯を予防することができると言われています。

歯医者では、歯を1本ずつフッ素を塗っていく歯面塗布法や、
マウスピースにフッ素を入れたものを3分~4分噛んだ状態で、
歯に浸透させるトレー法、トレー法に電流を流してフッ素の定着効果を上げるイオン導入法
などがあります。
まだ生え変わっていない乳歯の虫歯は、虫歯の色が白いので、
気が付くのが遅くなるケースがあります。

フッ素は毒性が強い成分なので、信頼のできる歯医者に診てもらって
適切なフッ素塗布を子供にも受けさせたいですね。
13歳未満の場合は、保険で1本250円くらいでフッ素塗布を受けることができます。
子供のうちにフッ素塗布で虫歯に強い歯にしてあげたいですね。
大人の場合は、1本500円くらいからとなっています。

虫歯再発リスクを抑えるにはどんな対応をするべきか

虫歯の治療のために歯医者さんに通って虫歯を削り、
インレーと呼ばれるつめ物やクラウンと呼ばれるかぶせ物をしても
早い人では数ヶ月、遅くとも数年から10年、20年後に
再び治療をした箇所の虫歯が再発してしまう事があります。

「せっかく歯医者さんに通い虫歯の治療をしたのに、また虫歯になってしまった」
と落ち込む人も多いのですが、
虫歯は一度つめ物やかぶせ物をしたからと言って、
その箇所の歯が永久に虫歯を再発しない、
という事は決して断言する事は出来ないのです。

むしろ、虫歯を削ってつめ物やかぶせ物をして治療を行った歯こそ、
虫歯再発予防の為のプラークコントロールを始めとした
ホームケアによるデンタルケアを行う必要があります。

一度削った歯には、インレーやクラウンなど、つめ物やかぶせ物が装着された状態となるので、
インレーのすき間やクラウンのすき間などに歯垢が入り込まない様にするための
毎日の歯ブラシによるプラークコントロールが不可欠となります。

虫歯を治療した歯は健康で虫歯が無かった状態の歯よりも、
「弱く」、そして「もろく」なっていますので、
虫歯を治療した後に歯磨きやフロスなどを使ったプラークコントロールを怠ってしまうと、
虫歯が再発してしまう確率が高くなってしまいます。

つめ物やかぶせ物の寿命はどれくらいあるのか

虫歯を治療する為に歯医者さんに通い、歯を削って治療した箇所に
多くの人が「このつめ物やかぶせ物はどれくらいの期間持つのだろう」と
心配になる事も多いかと思います。
インレーと呼ばれるつめ物を詰めたり、クラウンと呼ばれるかぶせ物をして治療を行うときに
ふと不安になることでしょう。

一般的につめ物やかぶせ物の寿命については、
硬質レジンなどのプラスチックのつめ物で3年、
プラスチックや金属のつめ物で5年、
そして金属のかぶせ物で7年、という統計結果が報告されています。

歯医者さんで虫歯を治療する際には、保険が適用される保険診療での虫歯治療か、
自費で保険が適用されない自費診療での虫歯治療かを
選択しなければいけないケースも少なくありませんが、
保険適用の金銀パラジム合金、略して金パラ、
一般的には「銀歯」と呼ばれる保険診療の金属も、
ゴールドなどの保険が効かない自費診療で使用される金属も、
耐用年数には大きな開きはありません。

確かに自費診療で保険が適用されないゴールドなどの金属の方が、
伸展性がありより歯に密着してつめ物やかぶせ物を作成出来るというメリットはありますが、
保険診療で作る銀歯でも歯医者さんの方でしっかりと型を性格に取って製作すれば、
耐用年数を超えても問題なく使用出来るケースも珍しくありません。

薬で治すむし歯治療

ドックベストセメント(Doc's best cement)とは、アメリカで開発された治療法で「ドックベストセメント」というお薬をむし歯の部分に詰めて治す方法です。これまでのむし歯治療とは異なり、ほとんど歯を削らずにすむため麻酔を使用する必要もありません。

天然ミネラルが主成分のため、お子さんにも安心です
薬で治すむし歯治療ドックベストセメントは、お薬といっても抗生物質のようなものとはまったく違うもので、銅やリン酸、亜鉛などの天然ミネラルを主成分としたものです。
人間の血液中にも含まれる銅イオンがもつ抗菌力とミネラル成分の力でむし歯菌を死滅させ、健康な歯のような硬い歯質にもどすのです。
1990年代にアメリカで開発され、現在ではその有効性・安全性・継続性が実証されています。副作用の心配がなく、削らずに治すので痛みも少なくお子さんにも安心しておすすめできる治療法です。

このような方におすすめです
・詰め物が取れてしまい、中がむし歯になっている
・今まで何度もむし歯治療を繰り返している
・むし歯の治療をした後に痛み出したことがある
・できるだけ歯を削りたくない
・できるだけ神経を取りたくない
・できるだけ麻酔をしたくない

一般的なむし歯治療とドックベストセメントの違い

むし歯で深い穴があいた場合にも、ドックベストセメントを詰めるだけで治療ができます。
むし歯になると、むし歯菌が出す酸によって象牙質が侵蝕されて多数の細菌が増殖して柔らかくなっている軟化象牙質を形成します。その後、最近は象牙質を構成する象牙細管内に侵入してさらに深く感染を引き起こし、歯髄に炎症を起こすようになります。

●通常のむし歯治療
むし歯で黒く変色している部分をドリルで削り取り、樹脂などでふたをします。しかし、これだけでは象牙細管内の奥まで侵入した細菌が増殖してしまい、むし歯が再発するリスクが高くなります。
また、歯髄炎をともなう場合には神経を抜く必要があります。神経を抜いてしまうと歯がもろくなったり変色したりすることがあります。

ドックベストセメントを使用した治療
変色した部分を削ることなくドックベストセメントでふたをします。
永続的な薬効があるので、象牙細管内に潜んだむし歯菌も浸透殺菌します。ドックベストセメントを詰める際にどうしても残ってしまう隙間などは、歯の自己回復力でもとに戻ります。

<ドックベストセメントのメリット>
・神経を取らなくてはならないほど大きなむし歯でも、神経を取らずにすませることができる
・神経に達していない中程度のむし歯でも、むし歯菌を削らずに治せるので大切な歯を削る量が最小限ですむ
・お子さんの若い永久歯のむし歯に最適な治療法
・治療回数が少ない(通常2~3回)
・軽い治療になるため一般的に歯の寿命が延びる
・天然成分であるため、お薬にアレルギーがある方でも安心して使用できる
・ドックベストセメントを詰めた部分は永続的な殺菌効果が期待できる

<ドックベストセメントのデメリット>
・保険適用ではなく自費治療となる
・むし歯になっている部位やむし歯の量・状態によっては適用できない場合がある
・歯の中のむし歯治療はできるが、むし歯にならない歯にするわけではない
・見た目が気になる場所に出来たむし歯には使えない
・経過観察が欠かせない

ドックベストセメント治療の流れ

ドックベストセメントStep 1.むし歯についた汚れを高濃度次亜水で洗浄・消毒する。
次へ
Step 2.むし歯の部分をできるだけ削らずにドックベストセメントを塗布する。
次へ
Step 3.ドックベストセメントが固まったら、その上に詰め物をする。必要がある場合には詰め物の表面を削って歯の高さを調整する。
次へ
Step 4.1年程度経過したら、むし歯が治っているかを確認し最終的な詰め物をする。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください