虫歯再発リスクを抑えるにはどんな対応をするべきか

虫歯の治療のために歯医者さんに通って虫歯を削り、
インレーと呼ばれるつめ物やクラウンと呼ばれるかぶせ物をしても
早い人では数ヶ月、遅くとも数年から10年、20年後に
再び治療をした箇所の虫歯が再発してしまう事があります。

「せっかく歯医者さんに通い虫歯の治療をしたのに、また虫歯になってしまった」
と落ち込む人も多いのですが、
虫歯は一度つめ物やかぶせ物をしたからと言って、
その箇所の歯が永久に虫歯を再発しない、
という事は決して断言する事は出来ないのです。

むしろ、虫歯を削ってつめ物やかぶせ物をして治療を行った歯こそ、
虫歯再発予防の為のプラークコントロールを始めとした
ホームケアによるデンタルケアを行う必要があります。

一度削った歯には、インレーやクラウンなど、つめ物やかぶせ物が装着された状態となるので、
インレーのすき間やクラウンのすき間などに歯垢が入り込まない様にするための
毎日の歯ブラシによるプラークコントロールが不可欠となります。

虫歯を治療した歯は健康で虫歯が無かった状態の歯よりも、
「弱く」、そして「もろく」なっていますので、
虫歯を治療した後に歯磨きやフロスなどを使ったプラークコントロールを怠ってしまうと、
虫歯が再発してしまう確率が高くなってしまいます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください