歯科医師を目指した高校時代

院長あいさつ歯科医師を目指そうと思ったのは、高校2年生になってからです。その頃は誰もが自分の将来について考える時期だと思うのですが、私も将来を見据えて、大学に入ったら何か資格を取りたいと考えるようになりました。

また、会社に入って組織の一員として働くよりも、個人事業のほうが自分には向いていると思ったので、何か技術を身につけたいと思いました。そのとき思い至ったのが歯科医師です。小さい頃から手先が器用でしたし、人の役に立つ仕事だということに魅力を感じたのです。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください