2016年8月17日

なぜ歯周病は危険なのか

歯周病という言葉がありますが、多くの人はこの症状を持っているのであまり危険という意識がないかもしれません。
ですが大阪の歯科医はこの歯周病はとても危険であるということを知っているのでできるだけ早く治療をするように勧めています。

では具体的にはどのような危険があるのでしょうか。
歯周病といっても幅の広い言い方であり、歯槽膿漏なども歯周病に含まれているのですが、
この歯周病はなにもせずに放っておくと命に関わる病気になるということを知ればそれがいかに危険かということを理解してもられるのではないかと思います。

歯周病になると歯が抜けやすくなるのですが、それだけではなく、いろいろな病気にかかりやすくなるということなのです。ですから大阪の歯科医は歯周病に関心を持っています。

歯周病の原因は口の中にある菌なのですが、その菌は食事や間食、糖分の取り過ぎが原因になることがあります。
また喫煙をすることや睡眠時間が短いことがさらにそれを悪化させてしまうことになりやすいのです。

大阪の歯科医は患者に対して歯周病かどうかという点に関して目視でもできますし、歯周ポケットチェック、そしてX線撮影などによってどの状況を診断することができますので、自分が歯周病かどうかを早めに検査してもらうのはとても重要なことです。"

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください