2016年9月12日

シリコンデンチャーの特徴

ニュータイプの義歯としてシリコンデンチャーがありますが、これは義歯の床部分を生体用シリコンによってカバーするというタイプのものです。

特徴としては歯茎に優しくて、痛みが少なく噛めないという事も少なく、外れにくいというメリットもありますから、ニュータープの義歯であるシリコンデンチャーを利用する場合には、対応出来る歯医者を選ぶ事も重要と言えます。

大阪にはシリコンデンチャー対応の歯医者もありますから、まずは大阪内の対応歯医者を検索して、その上で相談に行くと良いです。

生体用シリコンの効果によって、噛む場合にもシリコン弾力によって歯茎へかかる力を軽減させてくれますし、技術力の高い方に依頼する事で優れた義歯制作を行う事が出来ます。

従来の義歯では血流障害が起こったり、歯茎へのトラブルが多かったのですが、シリコンデンチャーによってそうしたトラブル回避に繋がるものです。

自身の歯で噛んでいるような感覚になり、硬いものや弾力性のあるものでも噛む事が出来るのも特徴と言えます。

大阪でシリコンデンチャーを取り扱っている歯医者を探して、すぐに決定するのではなく、必ず評判も含めた情報収集を行ってから相談する事が有効です。"

2016年9月11日

マグネット義歯の特徴

歯を失われた方は入れ歯を付ける必要が出てまいりますが、何かと手入れなどが面倒で他に方法はないかと探されているのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのがマグネット義歯と呼ばれるもので、呼んで字のごとく磁石の力で入れ歯を固定するという方法なんです。
この方法は最新の入れ歯治療とされており、大阪の歯医者さんでも取り入れている所が増えているようです。

このマグネット義歯の特徴としては歯根部分と入れ歯部分に強力な磁石を付けるということで、入れ歯の脱着がとてもスムーズに行えるという点でしょう。

入れ歯の最大の難点が取り外し等だと思いますので、マグネット方式を採用すればかなり煩わしさが薄らいでくれるものと見られます。磁石だと物を食べる時に取れるのではないかと心配されるかもしれませんが、全くグラついたりすることもありませんから、楽しく食事をすることが可能となっているんです。

また入れ歯を使っているということが分かりにくくなっているのも特徴で、ごく自然な歯という印象をあたえることが出来るかと思います。

大阪で目立たない入れ歯を探されているのなら、このマグネット義歯を使ってみてはいかがでしょうか。

磁力で体に変調が出ることもまず考えられないとされていますので、大阪の歯科医院で治療されてみることをお勧めいたします。

2016年9月 5日

レジンクラウンとハイブリッドクラウンの違い

最近の歯科治療においては治療さえできれば仕上がりは二の次という考え方はなくなってきています。

その意味で大阪の歯科医においても見た目にも自然の歯に近いレンジクラウンやハイブリットクラウンを使用することが増えています。
これらの材料を使用すれば、治療したということが分かりにくく笑顔などで口を開けた時でも不自然さがないので、大阪の歯科医でも頻繁に利用します。

レンジクラウンとハイブリットクラウンは費用と耐久性で大阪での歯科医の利用頻度が変わってきます。
レンジクラウンは一般的に歯科医で使用される歯科用のプラスチックを材料として作られる差し歯ですが、プラスチックと言う材料の特性からちょっとした衝撃で割れてしまう可能性もありますし、摩耗もしやすい材料です。

一方のハイブリットクラウンではプラスチックの材料にセラミックを混合した材料を使用しますが、レンジクラウンと比べると割れにくいですし、摩耗もしにくいので、耐久性が高い材料と言ってもいいでしょう。

どちらもオールセラミックの材料の歯とは違い、健康保険が適用されるのでそれほど高額な費用が必要ではありませんが、材料の性質上はハイブリットクラウンがレンジクラウンよりも高価になっています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください