2016年9月12日

シリコンデンチャーの特徴

ニュータイプの義歯としてシリコンデンチャーがありますが、これは義歯の床部分を生体用シリコンによってカバーするというタイプのものです。

特徴としては歯茎に優しくて、痛みが少なく噛めないという事も少なく、外れにくいというメリットもありますから、ニュータープの義歯であるシリコンデンチャーを利用する場合には、対応出来る歯医者を選ぶ事も重要と言えます。

大阪にはシリコンデンチャー対応の歯医者もありますから、まずは大阪内の対応歯医者を検索して、その上で相談に行くと良いです。

生体用シリコンの効果によって、噛む場合にもシリコン弾力によって歯茎へかかる力を軽減させてくれますし、技術力の高い方に依頼する事で優れた義歯制作を行う事が出来ます。

従来の義歯では血流障害が起こったり、歯茎へのトラブルが多かったのですが、シリコンデンチャーによってそうしたトラブル回避に繋がるものです。

自身の歯で噛んでいるような感覚になり、硬いものや弾力性のあるものでも噛む事が出来るのも特徴と言えます。

大阪でシリコンデンチャーを取り扱っている歯医者を探して、すぐに決定するのではなく、必ず評判も含めた情報収集を行ってから相談する事が有効です。"

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください