大阪 審美歯科・心斎橋の歯医者さんは心斎橋デンタルクリニック

─ 完全自由診療 ─

─ 完全自由診療 ─
大阪の審美歯科のことなら心斎橋デンタルクリニックへ相談
予防歯科について

  • tel:0647088894
レーザー治療

心斎橋デンタルクリニック ホーム > 診療科目 > 予防歯科

Medical


予防歯科

予防歯科

むし歯や歯周病のリスクを軽減して、お口の健康を維持するためにむし歯や歯周病のリスクを軽減して、
お口の健康を維持するために
予防歯科

予防歯科の目的とは
予防歯科といえば、定期的に歯医者さんに通ってむし歯や歯周病にならないようにお口の中をきれいにしてもらう。そんなイメージではないでしょうか?
もちろんそれも大切ですが、最近の研究で分かってきたことがあります。
それは、『お口の中の定期的なメインテナンスが生活習慣病の予防・改善に役立つ』ということです。 以前は歯を残すための予防歯科でしたが、現在は全身の健康づくりのための予防歯科なのです。

歯科疾患と生活習慣病の関係

  • う蝕(むし歯)
    *

    糖質過剰摂取による高血糖、Ⅱ型糖尿病への移行リスク

  • 重度歯周病
    *

    炎症性物質による糖質・脂質代謝阻害、血管への影響等

  • 歯の欠損(治療せず放置)
    *

    咀嚼機能低下による栄養不足(柔らかいものしか食べないことによる)

生活習慣病の予防のために定期的にお口の専門的なケアを受けよう生活習慣病の予防のために定期的にお口の専門的なケアを受けよう

*

3ヶ月に一回古い悪玉菌を入れ替え、
新しい善玉菌にリセットしよう!

歯磨きの時やリンゴをかじった時に歯茎から出血することはありませんか?
原因は古い歯垢による炎症です。古い歯垢は歯周病菌です。
定期的に除去しないと歯ブラシだけでは除去できません。歯周病は歯がグラグラになるだけではありません。

歯垢はなぜ体に悪いのか?歯垢はなぜ体に悪いのか?

  • 古い歯垢が慢性炎症を起こし、炎症性物質がインシュリンを阻害して糖質代謝を悪くする。
    その結果血糖値が上昇します。

    血糖値が高いとなぜ体に悪いのか?

    血糖値が高い状態を糖尿病といいます。
    糖尿病はなぜダメなのか。
    それは、私たちの体は血糖値が180〜200mg/dl程度までしか耐えられないのです。
    高血糖状態が続くと、身体は糖化ストレスで老化してしまいます。
    真っ先に糖化ストレスで破壊されるのが、血管壁なのです。
    血糖値が高いと普通の人より体(肌)の老化が早くなってしまいます。
    これは研究で分かっています。

    *
  • 歯周ポケット(歯と歯茎のすき間が深くなった状態)から毎日古い歯垢中の菌が血管に侵入し、
    血管壁を傷めます。
    その結果動脈硬化を引き起こします。歯周病予防が動脈硬化の予防になるのです。

    *
  • 古い歯垢中の口腔細菌で老人性肺炎に!
    誤嚥性肺炎と言って、肺の中に菌が入ることによって肺炎を起こします。

    *

    その他にも歯科疾患の予防は
    脳血管疾患、骨粗しょう症、肥満、高脂血症、
    心臓血管疾患等の予防・改善・治療に役立ちます。

歯周病は感染症?

歯周病は
人類史上最も感染者の多い感染症として
ギネスブックに乗っています。
歯周病は、うつる病気なのです

歯を抜かない歯医者は良い歯医者?歯を抜かない歯医者は
良い歯医者?

*

誰でも自分の歯は抜きたくないものです。
しかし、重度歯周病の歯を抜かずに無理やり残しておくことは、他の歯に悪影響となるだけでなく、歯垢の溜まり場になり全身に悪影響を及ぼします。
患者さんが抜きたくないからと、残してはいけない歯を残すのが本当に良い歯医者でしょうか?
残せる歯はできる限りの治療をして残しますが、どうしてもダメな歯は抜歯したほうが良いのです。

歯を失うとどうなる?歯を失うとどうなる?

*

お口のメインテナンスを怠ると、むし歯や歯周病で歯を失います。
歯を失うと見た目が悪いだけでなく、良く噛んで食べることが出来なくなります。
そのため柔らかいものしか食べられず、栄養バランスが悪くなったり丸呑みや過食による肥満にもつながります。

生活習慣病予防は、歯科疾患の予防から生活習慣病予防は、
歯科疾患の予防から

*

北欧では成人の82%が歯科を定期受診しています。
日本では歯科を定期受診する人の割合はわずか6%です。日本人は痛みなどの自覚症状がなければ歯科を受診しない人が多く、米国の低所得層よりも歯科受診率が低いのです。
あなたの健康寿命を延ばすために定期健診を受けましょう。

なぜ保険がきかないのかなぜ保険がきかないのか

*

当院は治療だけでなくメインテナンスも自費で行っていますが、本当は予防には保険はきかないのです。ではなぜ保険でやっているところがあるのか?
それは、病名をつけて無理やり保険請求しているだけなのです。
また、保険では診療報酬が低すぎて十分な時間をかけることができません。
治療もメインテナンスも短時間で終わりませんか?保険で時間をかけてしっかりやっていたら、赤字になって経営が成り立ちません。ちょっとお掃除しただけでは不十分なのです。
そのため当院では時間をかけてしっかりとした治療やメインテナンスをさせていただきます。

マイクロスコープを使っての予防歯科マイクロスコープを使っての
予防歯科

*

当院では精密根管治療だけでなく、予防歯科でも必要であればマイクロスコープで細部にまで確認し治療を行っています。
マイクロスコープの良い点はたくさんありますが、大きく下記6点です。

  • 1.歯科医の勘や経験ではなく見て治療をする
  • 2.治らない原因をはっきりさせることができる
  • 3.余分な歯を削らずに済む
  • 4.外科処置後の腫れや痛みを軽減できる
  • 5.高精度な治療ができる
  • 6.治療前治療後を写真などで確認できる

マイクロスコープの普及は、歯の寿命を飛躍的に向上させるとされていて、心斎橋デンタルクリニックでも、さまざまな場面で役立てています。

当院の主な予防歯科メニュー当院の主な予防歯科メニュー

  • スケーリング
    スケーリング

    心斎橋デンタルクリニックでは、スケーリングの際に、マイクロスコープを使って行います。そのため、治療前治療後を写真などで確認できたり、精密な歯石とりを提供することができます。また、失った歯の数やインプラントを埋め込む骨の量・質・位置などを把握し、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。

  • PMTC
    PMTC

    PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、日頃の歯みがきではなかなか取れない歯垢や歯石を専用の機器で除去します。歯の着色が気になる方、口臭が気になる方、歯周病が心配な方にお勧めです。

  • エアフロー
    エアフロー

    歯の表面には無数の傷ができていますが、その隙間に入った汚れに細かいパウダーを吹きつけ、歯を傷つけることなく落としていきます。使用後は歯の表面がツルツルし、むし歯菌や歯周病菌、着色汚れの付着を防ぎます。

  • ブラッシング指導
    ブラッシング指導

    患者さんの歯並びは一人ひとり違います。そのため、おのずと適したブラッシング方法も違ってきます。当院では患者さんの歯並びやお口の中の環境に合わせて、最適なブラッシング方法を指導しています。

診療内容
  • 一般歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • レーザー治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 削らない虫歯治療
  • 小児矯正
  • 治療費用
  • 大人の矯正 特設サイト
  • 根管治療 特設サイト
  • セラミック治療 特設サイト
審美歯科・歯列矯正・インプラントなど 自費診療をお考えの方へ 初診限定 無料カウンセリング
審美歯科・歯列矯正・インプラントなど 自費診療をお考えの方へ 初診限定 無料カウンセリング
tel:06-4708-8894
tel:06-4708-8894
診療時間
  • ▲ 土曜午後は手術日です
  • 休診日/日曜・祝日・第2木曜
地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1分
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • tel:0647088894
芦屋MA歯科・矯正歯科はこちら 美しい笑顔は正しい歯並びから
芦屋MA歯科・矯正歯科はこちら 美しい笑顔は正しい歯並びから
  • 心斎橋インビザラインセンター
  • 大阪根管治療センター

COPYRIGHT SHINSAIBASHI DENTAL CLINIC ALL RIGHT RESERVED.

ページの先頭へ戻る